大沢ワインズ


  

Osawa Wines 
大沢ワインズ

大沢ワインズでは、自社畑─大沢ぶどう畑─で大切に育てたぶどうのみを使い、自然との共存から育まれる安全で安心な品質の高いワイン醸造に徹しています。
ホークスベイの美しい気候と土壌から生まれた厳選ぶどうより、シャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、ピノノワール、メルロー・カベルネソーヴィニヨン、ゲヴュルトラミネール、サンジョベーゼ、ピノグリをご提供いたします。

 

Osawa Vineyard 
大沢ぶどう畑

大沢ワインズぶどう畑は、大自然の国ニュージーランドの北島にあるワイン産地ホークスベイにあります。
カウエカ山麓の影響による暖かい日中と肌寒い夜との大きな気温差、マンガタヒバレーイのナルロロ川岸沿いというぶどう栽培において大変条件の良い土壌、というぶどう栽培において理想的な環境です。
大沢ぶどう畑は、牧草地であった土地を自ら開拓しぶどうの木を植える、という原点から出発しました。

The Osawa Story
大沢ワインズ・オーナー 大沢泰造

少年時代から海外で農業経営をしたいという夢の抱いてきたワイン愛好家が、自然の美しいニュージーランドを訪れいくつものワイナリーを視察た後2005年に北島のホークスベイ地方にぶどう栽培に最適な土地を見つけました。 牧草地だった土地を開拓し、ぶどうの木を植え、2008 年に大沢ワインズ・ファーストヴィンテージが出来ました。
「最高のワインを造っていきたい。」
大沢ワインズは、熱い思いを込めた夢の出発点に立ったばかりの新生ワイナリーです。

 

Winemaker
醸造家 ロッド マクドナルド        

ニュージーランドワインメーカー・オブザイヤー2006  受賞

大沢ワインズにたずさわるすべての人々と共に、四季を通して土と太陽の本質をより知り得ることが私の目指すワイン造りに欠かせないと思っています。
私たちの醸造技術と哲学のすべてが、自然そのままの風味を最大限に生かしたワインになると信じています。

 

 

Flying Sheep 

大沢ワインズは、ニュージーランドの北島ホークス・ベイ地方で、牧羊地を自ら開拓しぶどう畑をつくりました。その為、もともとこの土地の主だった羊(Sheep)達に引っ越してもらわなければなりませんでした。その引っ越しの際、羊達が飛ぶように移動していく姿から『Flying Sheepと名付けました。